色んな動物を色んな角度から観察して考えていくよ!たまに人間への敵意が垣間見えるかも・・・。
『面白く、分かりやすく』をモットーに!一記事読めば、動物の魅力に気づくよ!
ユルい絵と話口調で絶賛更新中!

2016年10月


『カヤネズミは稲を食べてなかったらしい』


急に叔父がこんなメールを送ってきたよ。


カヤネズミさん?
名前は知ってる。
ちっちゃいネズミさん。


稲を食べると思われてたってことは、人間たちから害獣扱いされていたっていうことだよね。


こんな感じに・・・。


image


image


image


image


うーん。

カヤネズミのことをろくに知らなかったドラコは勉強不足だなー。

image



本当は、田んぼに生えてる雑草を食べてるんだって。


稲の敵を食べてくれる、いい子じゃないの?
人間的には。


カヤネズミのカヤは『茅』だったんだ。

家屋ネズミかと思ってたんだけど『家屋』って『かおく』って読むんだよね。

カヤネズミは悪くないし、数が減ってきてるんだから、むやみに殺しちゃダメだよ!


参考資料
http://www.sankei.com/smp/region/news/160730/rgn1607300040-s1.html


↓よろしくお願いします!

動物・生物ランキングへ


マメルリハって知ってる?

小さいインコさんだよ!


image



image


image



ここ最近、とても人気!
一緒に暮らしている人も多いよね!
ドラコもその一人だったりするよ。



だがしかーし!

マメルリハ小型インコにカテゴライズされてるよね!?

その『小型インコ』っていう漠然とした認識でいいのかな?


人間に飼育されてきて長い『セキセイインコ』と同じ飼い方で良いのだろうか!?


インコの飼育本ってたくさん出てるよね。

でもそこにマメルリハの記述はどのくらいある?

うーん、少ないよね。



そこで、外国の飼育書取り寄せてみたよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

The Parrotlet Handbook [ Sandee L. Molenda ]
価格:2527円(税込、送料無料) (2016/11/23時点)




コレ、マメルリハの情報盛りだくさん!

ぜんっっぶ英語だけどねっ



電子辞書片手に、ひたすら読みまくったよ。



そして、衝撃的なのが


『マメルリハにグリッドまたはボレー粉を決して与えないでください』




『ええーだって、カルシウムだし。
メスは卵生むから必要だし。
グリッドだって、鳥は歯がないから筋胃にある砂ですりつぶして、消化を助けるんだよう。』



っていう、知識がある人には受け入れがたい文章だよね。



『そのうと腸に固着すると知られていて、死ぬ可能性がある』


どうやら、意識を変えないといけないようだね?


我々は新しくマメルリハの引き出しに、マメルリハのための知識を蓄積していかないとね!


そういえば、セキセイインコと比べると

image


image



こうやってクチバシですりつぶして食べてるね。


なるほど!
食べ物をすりつぶすための砂などは、あげなくてよいって意味なんだね!



じゃあミネラルは、カトルボーンとか別のものから摂らせると良いね!

『死』を出されたら、反論なんか全部無効だよ!

↓よろしくお願いします!

動物・生物ランキングへ


「自然を守るために勉強してるならね、サンショウウオくらい育てられなきゃダメだよね」


授業後、先生が突然そんなことを言ったんだよ!


もうみんな「えっ!?」ってなったよ!
突然何を言い出すんだ!って。


その次の授業の時、先生は黒いタピオカみたいなのが入ったペットボトルを大量に持ってきたんだよ。


image



「コレ、サンショウウオの卵ね。もうすぐ孵ると思う」


タピオカだと思ったのは、サンショウウオの赤ちゃんだったんだ。


サンショウウオは前から興味があったから、喜んで連れて帰ったよ。


ところで、サンショウウオって言っても種類があるでしょ?
種類によってさ、食べ物とかお家とか違うわけでしょ?
いったいこの子達は『何サンショウウオ』なんだろう?



日本産のサンショウウオは数えると29種類(とある図鑑で)だって。

オオサンショウウオではないね。


なんだろう?
正体不明のまま、ウオさんたち赤虫を食べてすくすく成長したよ。


image



うーん。
写真見る感じでは、クロサンショウウオっぽいかな。
しかし、エゾサンショウウオにも似ているなー。


数日ずっと図鑑とウオさんとにらめっこしているときに気づいたよ!




生息地・・・!!




何で気づかなかったんだろう。


エゾサンショウウオ→北海道のみ

クロサンショウウオ→福井県から長野県、茨城以北の本州、佐渡島




この子は



エゾサンショウウオだ!


生息地、大事だね。


でもね、北海道にもう一種類いるの。
キタサンショウウオさんが。



うぇっ!?
エゾさんと決めつけるにはまだ早いかな!?

って図鑑見たら、見た目が全然違ったんだ。

image




こうして長い同定の末、エゾサンショウウオと判ったよ。


クロサンショウウオは実物を動物園で見たら、ずいぶんボッテリした子だったよ。


image




百聞は一見に如かずってホントだね。
百写真は一実物に如かずって、動物学の合言葉にすればいいと思ったよ。

image




サンショウウオランキングへ







家には今年11歳になるセキセイインコがいるよ!



見た目が若々しいから、老鳥って気がしないんだけど、いろんな本を読んでみたら、だいたい5~7歳で老鳥になっちゃうんだって!


これは大変だよ!


おじーさんになるってことは、いろいろな機能が衰えるってことだからね!

対策をしないとね!


image



とりあえずお食事は大事だね!

医食同源って言葉があるんだから、ゴハンをよく考えることは、健康になるのに重要だよ!
超重要だよ!


丈夫な体は食べ物から!


そのためには、ドラコが素晴らしい老鳥のゴハン検証しなきゃね!


普段食べてるゴハンには、いったい何が入っているんだろう?


image



コレは老鳥用の市販されているゴハンだよ!


よーく混ぜてから
これを10gほど取って・・・・。


image



image


約一時間半かけて

image


分類したよ!


「君は誰かね?」ってシードもあったけど、何とか仕分けしたよ。




ふー疲れた。




分類したものの重さを測ってみたよ。

コレで、全体の配合割合がわかるね!


image


一番多いキビが5gだったよ。

image


image


アワとヒエがそれぞれ2gだね。


image



ありゃ!カナリーシードが・・・。

image




測定不能だって?

image


家庭用だから、小数点以下が表示されないんだ・・・。


とりあえず
カナリーシード、赤キビ、アワ玉がそれぞれ1g未満っと。



こういうゴハンが老鳥には良いのかな?

よくインコのゴハンの黄金比などがあるけど、あれとはだいぶ違うね。

ヒエ:アワ:キビ=6:2:2だと思ったんだけど。

この配合割合の理由はなんだろう?


これを守れば健康が保証されるわけでもないと思うんだけど、ここから大きく外れる食事は害になるかもしれないよね。

飼い主は自分のインコの体調を見て、対処していく必要があるよね。

ちなみに、うちのセキセイインコが吐いたときはカナリーシードをしばらく食べさせないよ。

あのとんがってる部分がチクチクして気持ち悪くなってるように思ったから。

image


「よく観察すること」が一番大事だといつも思うなー。

↓よろしくお願いします!


セキセイインコランキングへ

↑このページのトップヘ