色んな動物を色んな角度から観察して考えていくよ!たまに人間への敵意が垣間見えるかも・・・。
『面白く、分かりやすく』をモットーに!一記事読めば、動物の魅力に気づくよ!
ユルい絵と話口調で絶賛更新中!



image




急に人に聞かれたよ!


「ねぇ、ドラコちゃん。
鳥ってさーバカなの?








image







自他ともに認める鳥好きドラコとんでもない質問をしたもんだね!


どうしてそう思ったのか。

そもそも何をもってバカというのか。



それを聞いてみたら




image






なるほどー。


記憶できない=バカ


という等式が成り立つんだね!




こういうのは、どの部分が関係してるかって言ったら、だよねー!




じゃあ今日は人間と鳥さんの脳を比べてみようか!!


コレが人間の脳


image




そしてこっちが鳥さんの脳


image



全然違うね!


まずさ、脳っていっても細かく分かれてるんだよ!



今日は大雑把に見てみよう!

色分けして名前をいれたよ!

image



名前を出した部分の働きをざっくり書くよ!


大脳→覚える、感じる、運動する

中脳→目(眼球、瞳孔)を動かす、姿勢保つ

小脳→筋肉の緊張を保つ、からだの平衡

間脳→体温、摂食、血圧、睡眠を操る



細かいと分からなくなっちゃうから、こんな感じね!


あと、コレを見るときは人間と鳥さんの頭の大きさとか

脳の部分の占めている割合とかちょっと考えてみて!





記憶や学習を司ってるのは大脳だよ。


image



確かに人間の方が大きいね。


コレはさ、哺乳類の生存で大事なのは学習や記憶ってことなんじゃない?




じゃあ鳥さんってどの部分が発達してるんだろう?



image



小脳だね!


小脳の働きとしては、身体の平衡保持っていうのがあるよ!


バランス感覚が大切ってことかな!


image



そうだよね、例えば飛んでるときなんかバランス感覚は超重要だよね!


なかったら墜落しちゃうもんね!


運動能力を発揮する部分が大切みたいだね!


こういうのが鳥さんにとっては生存するのに大切なんだね!


大脳だって小さい訳じゃないけどね。


使われてる部分とか使い方とかも関係してるから、大きさだけでは語れない部分もあるよね!





でもさー

脳の大きさである程度その動物の重要な部分ってわかるかもしれないけど


鳥がバカっていうのは聞き捨てならないんだよね。



ウチのインコは覚えたことをずっと喋っているよ。



image




実家のニワトリだってシャベルでミミズ取ってあげたら、何ヵ月先でもそれを覚えていたよ。



image





他に鳴き方とかダンスとか練習して覚えるでしょう?


何で鳥さんがそういう言われ方をするんだろうね?


3歩歩くと忘れるとか。

忘れるわけないじゃん!


足の神経が脳の忘却部分とか記憶破壊細胞みたいのとかと繋がってるのかね!?

image





それでね、これはドラコの考察なんだけどさ


人間にとって重要なこと

鳥さんにとって重要なこと




なんだと思うの。




必要なことはきちんと覚えてるんだものー。


人間が試すことは鳥さんには『覚える必要がないこと』『別の部分にエネルギーを注ぐ』方が生存に有利だって判断されているんじゃないかな?



どうしてもね、ドラコは人嫌いの動物好きなものだからね。


こうやって動物が良いって方に持っていきたくなっちゃうんだよね!



しかし、人間は比べるね。


評価は必ずと言っていいほど相対的。


確かに検証はその方が進めやすくて、わかりやすいからね。



しかし



image




こう共通点があまり無さそうだけど


それでも自分達もしくは自分達と同じ哺乳類と比べて「鳥頭」とか言うんだよねー。



まぁ、比べる対象になるくらいだから鳥さんを近い存在だって無意識に感じているのかもしれないね。



参考文献

【中古】 生物図録 改訂版 /鈴木孝仁(著者) 【中古】afb

『脳の構造』を見てね!


動物・生物ランキングへ

今日は箸休め記事だよ!


image



いっつもお勉強系やら刺々しいのじゃ疲れちゃうからね!



今日はお友だちの記事からネタをもらったよ!



そんなインコに育てた覚えはありません!その1


image


image


image


image



家にいると、5回はやられるね!


人間相手なら無視するけど、インコに呼ばれると毎回行っちゃうよね!



そんなインコに育てた覚えはありません!その2


image


image


image


image



返事はとても良いんだよね!

でも返事だけなんだ!

実行はしないんだよね!



そんなインコに育てた覚えはありません!その3


image


image


image


image


image


image


image




朝からコレだよ!!

でも仕方ないよね!

インコ可愛いもんね!


許す!許すよ!!


あんなとこに置いたドラコが悪いんだね!



みんなも許しちゃうよね?!



動物・生物ランキングへ

今日の記事はね、実際ドラコがとある動物のイベントで聞いてきたことだよ!

image




ドラコもミシシッピアカミミガメっていういわゆるミドリガメを飼ってたことがあるよ!


そのときの水槽のレイアウトがこんな感じ。


image



なかなか良さそうじゃない?

でもね、これは一番危ないんだよ!


水位に注目して!


image



ひっくり返ったまま起き上がれなくて溺死しちゃうんだって!


ビックリしたよ!
こんなことが起こるんだって。


カメさんの体の高さと同じくらいの水位危険なんだって!



実際の映像も見たよ。

もちろん、映像では途中で助けられてたよ!


しかし意外な落とし穴だったね!


みんな知ってた?

ドラコは知らなかったんだ!

次にカメさんと暮らすときには注意しないと!


だからベストな水槽のレイアウト


image



こんな感じ!


あとは温度計とか付属品をカメさんに必要なのをつけるんだよ!


コレなら、ひっくり返っちゃうこともないね!


image



image



image



image



image



image




今日はドラコの台詞を見事に持っていかれたよ!



そうだね。

飼い主は、危険な要因は取り除かないといけないよね。

知識が邪魔して進めないと、取り返しがつかないことになるよ。


知識を材料に思考することが大切だよね!



スペシャルさんくす!!

かめおさん!


image



ドラコの勝手なイメージで作ったよ!

上に立つ人ってこういう貫禄があるんじゃないかって偏見ね!


でもドラコの絵を

「カワイイー(ノ≧▽≦)ノ」

ってサイトのトップ画像に使ってくれたんだよ!!


ココね↓
かめうさ速報

ローソンに行く途中で急に思い付いた絵だよ!



ドラコの絵を褒めてくれるんだから

イイ人(カメ!?)だね!



かめおカッコイイなー。


ドラコの創作だし、登場キャラに入れちゃおうかなー?


動物・生物ランキングへ

今日は、うちのセキセイインコの冬の過ごし方を紹介するよ!


image



うちのセキセイインコのグーちゃんは11歳だよ。


今まで、病院には何回かかかったことがあるけど、メガバクテリアなどの怖い病気にはなったことないよ。


image



でもね、ずいぶん体調を崩したよ。


特に寒くなる冬場ね。





セキセイインコはオーストラリアの子だからね。


日本生まれだとしても、日本の気候に対応できるような進化はまだしてないと思うんだ。


いくらかは適応してるんだとしても。



季節の変わり目には特に注意をしないといけないよ。




今、グーちゃんのおうちはこんな感じ!


image



水槽だとどうしても、ケージの時みたいによじ登ったりできないんだよね。


だから工夫!!


image



image



楽しいおうちでしょ?!


image



サーモスタッドで温度管理をするとなお良いね!






温度計を置くかについてだけど、これは一応目安で置いた方がいいと思う。

暖かい空気は上に行くから、下の方の温度を見ることが大切だよ!




image




でも一番は温度計の数字より、インコさんを見るんだよ!



image




こういう人いるからね!

暖めたいのは、温度計じゃないよね!

インコさんをよく見て!!


image



目に見えるデータばかりに気をとられてると、本質が見えなくなるよ!



↓新キャラ!?


動物・生物ランキングへ

パンダっていったら、知らない人はいないよね?


image



こういうと


image



って人がいると思うんだけど


一般人の知識レベルについて、もう少しアンテナを張るべきだね!



ふつうパンダと言ったらジャイアントパンダって決まってるんだよね!





パンダってネパール語「竹を食べる者」なんだって!


image



実はレッサーパンダのほうが、先に発見されてたから、昔はパンダと言ったらレッサーパンダを指してたんだって!


image



時代は変わったんだね!



しかも、ジャイアントパンダはクマ科で、レッサーパンダはレッサーパンダ科だよ!


分類は難しいけど、科が違うからジャイアントパンダとレッサーパンダは遠い存在だよね!



今日は、ジャイアントパンダをパンダと表記するよ!



しかし、パンダは人気だね!

可愛いもんね!

フォルムといい、仕草といい可愛すぎだよね!

image


image


image



もうドラコが改めてココで書くことがないくらい、情報が溢れかえってるよ!


みんなもきっと色々知ってるよね!


クマさんなのに竹や笹を食べてるんだけど、本当は消化がうまくできないとか。


笹や竹を持ちやすいように指が7本あるとか。


約50%は双子が生まれるとか。



色んな記事があるから検索してみてね!




じゃあ別の視点から行くよ!


パンダってさ、絶滅危惧種から一段階危険度が低い危急種になったんだよ!




そう!人間さんたちの保護活動のお陰だよね。



何でこんなに守られてきたか。


それは可愛いからだよ!


信じられない?


人間は可愛いと思う動物や、自分たちに有益な動物は守るけど、醜い動物の保護は後回しにしているよ!



そういう研究結果があるんだ。

image


image


image



生態系も人間に選択されて、作られてくるのかもね。


そういうのみんなはどう思ってるの?
良かったらドラコに教えてね!




スペシャルさんくす!!

多出汁さんこたろうさんが来てくれたよ!

image


多出汁のひきだし


いきなりホップステップ


こたろうのAN_EVEN_BET!


今日は一緒にパンダさんのことを考えてくれたよ!

また出演してね!


動物・生物ランキングへ

時間がなくて、なかなか読み進められないけど、マメルリハの本に書いてあったよ!

image


野生のマメルリハは花も食べるので、花粉団子をあげる人もいる。って!


エクアドルペルーにはどんな花があるのかな?



アーちゃんやベリーちゃんも食べるの?


image



花粉は考えたことなかったよ。


ビーポーレンってミツバチさんが足につけている「花粉団子」のことなんだって。


image





ミツバチさんは花粉団子をどうしてるんだろうね?


食べてるのかな?


ハチミツが糖質で、花粉団子が高タンパク質なら


image



こんな感じ?




ちょっと興味が出てきたね!







花粉団子ってどんな効能があるのかな?


こう書いてあったよ!



免疫系が強くなってウイルスや細菌をやっつける!


image




羽の状態や色が良くなる!


image



ストレスに強くなる!



image



あと、クチバシの伸びすぎを軽減したり、治癒効果エネルギー増加があるよ!



すごいね!




人間の健康食品の説明だったら

「ほとんどの商品が似たり寄ったりの効果だね!」


って言っちゃうけども、ペットさんの健康のためだったら、手にいれたくなるよね!



特に免疫系の効果が興味深いよ!




具合悪くなったら、薬を飲ませればいいって?



もちろん、お薬は必要だし、否定はしないよ!


でもやっぱり薬だと、体にとって良い効果だけじゃなくて、負担がかかる部分も出てくるからね!




作用が大きければ、副作用も大きいもんね!



副作用が眠気ならまだましかなって、病弱なドラコが言っておくよ!



image



免疫系を強くしてあげて、出来るだけ元気に過ごしてほしいと思うのは、飼い主としては当然だよね!



あげればあげるほど、体に良いなんてことはないから、あげるときはよーくお勉強して、適量をあげよう!




それでね、探してみたら




ペットさん用にあるんだね!


ミツバチさんにチクってされながら、強奪しなくて良いんだ!




見て!




小動物用もあるよ!






買っちゃった!


image




甘い良い匂いがする・・・。




image














image





これはインコが興味を持つようにわざとやったんだよ!


ホントだよ!


image



全部奥歯の溝に挟まって飲み込めなかったよ。



インコにはペレットと一緒にあげてみたら、ちゃんと食べてたよ!


image



これで、ますます元気に過ごせるね!


たくさん本を読んできたけど、まだまだ知らないことだらけだなー。



もっともっと勉強して、ずーーっと元気で一緒に過ごしてもらおう♪




みんなはペットさんに買ってあげた花粉団子を横取りしちゃダメだよ!



動物・生物ランキングへ



image


image


image



みんなで飼ってたグッピーが大量に死んでしまった。


直接の原因は別にあるけど、大きな原因は、無知世話の怠慢だった。


大勢での飼育は「誰かやるだろう」が常に付きまとっていた。


image




事件発生当初、私は怒るつもりだった。



代々受け継がれてきたグッピー。



世話の仕方を何回もあんなに丁寧に教えたのに、誰もやらなかった。
他人任せにした。


image



可愛がることしかしない人はね、生き物とは暮らせないの。

死んじゃったら「寿命だったんだ」なんて自分を正当化して納得するなら、それは飼い主として失格なの。


もう生き物は飼わない方がイイよ。
世話、できないでしょ?できなかったでしょ?

言われなくちゃできない人なんかが生き物を飼っちゃいけないんだよ!




たくさんたくさん
なじる言葉が頭に浮かんだ。




でも私はそれを言わなかった。









私の与える恐怖がみんなを生き物から遠ざける、から。


image




私の目標は『グッピーを友達としてみんなが自発的に世話をするようになる』こと。



恐怖で縛ると、その恨みがグッピーに
向かうかもしれない。



生き物の世話と嫌な記憶が結び付いて、いつか興味を持たなくなってしまう。


image



それは避けなければならない。




だから・・・だから・・・



image





お願いって形にした。


そうするしかなかった。


プライドなんかなくて本当に良かった。




みんな、グッピーが半分死にました。

直接的原因は、水温の低下だと考えられます。

でも、大きな原因は私を含め飼い主の無知です。

みんな、癒されていたでしょう?

一緒にお世話の勉強、しませんか?

私は、この子たちをもう可哀想な目に合わせたくないです。





そして、本を見せた。

買ってきて3時間ぶっ通しで読み続け、自分用に買ったより詳しい飼育本に載ってる大事なことを、本に書き込み、付箋を貼り、マーカーで印をつけた。




難しい本なんて読んでくれないだろうから気軽にみられそうなものを選択した。



image




このブログと同じ、大きい文字色つきの文字さえ拾えれば、要点がわかるように。



image



飼育日誌も作った。

普通のノートじゃ興味が惹けないから、目立つ可愛いノートを買った。


そして表紙の文句はこう。

image




こういうことしか、思い付かなかった。





小学生かよ!?って?

子どもはね、教えればちゃんとやるよ。

残念ながら、無駄な知恵をつけたカチカチ頭の大人の方ができないんだ。





反応はあった。
ノートに書き込みがあった。



『ショックだった。飼い主の一人として責任をもって世話をする』

『このような悲劇を二度と起こさないようにしたい』





みんなの本当の気持ちはわからない。

今だけかもしれない。



「グッピーは卵胎生だから~」と話してる声が聞こえるようになった。



image




ちゃんと読んでるみたいだ。

今のところ、うまくいったと思う。




大勢で飼ってても、命の責任は分散されることなく同じ質量でみんなが持つべきだと、私は思う。




気づいた人もいるんじゃないかな。




偉そうに色々書いた。

まるで自分は違うというような言動。

でも、これが事実だ。




今回は、私もグッピーを苦しめて死なせた最低な飼い主の一人だ。


最初から、私には怒る権利も資格もなかった。


このブログのひとつの目的である心のトゲ。


今、私の心にも確実に刺さっている。





動物・生物ランキングへ


何でいろいろな生き物がいるんだろう?


考えたことある?



色んな生き物がいたら、いっぱい観察できるし見ていて楽しいから?



うん!素敵な答えだね!
その気持ちはずっと忘れないでね!




でもね、そう思わない人もいるよ。


image


image


image




ジジさんは、ドラコがドラゴンだって信じられないみたい。

まぁいいけど。


ジジさんのために、ロバート・トリート・ペインって人がやった実験を説明するよ!


image



海の生き物での実験だね!

ここで

image


このメンバーで生態系を作ってるよ!

食物連鎖(しょくもつれんさ)っていう食う-食われるの関係のバランスがとれている


一種類のものが増えすぎたり、いなくなってしまう種がないよ!


image



ここでは、ヒトデが一番上で他の種を食べているっていう図だよ!


矢印が太いのは、いっぱいバクバク食べられちゃってるんだ。


ここで

image


ヒトデさんに抜けてもらうよ!

そうすると!!

image


今までヒトデさんにたくさん食べられていたフジツボさんとムラサキイガイさんが増えるよ!


そしたら
藻類の生える場所がなくなちゃった!!


image



藻類を食べるヒザラガイカサガイもいなくなっちゃうよ!


こんな感じで、バランスが崩れたね!


ヒトデさんは色んな種類の生き物を食べるけど、いなくなったらみんな生きていけなくて困ったね!


ヒトデさんみたいに、生態系の食う食われる関係で上にいて、他の生き物の生活に大きな影響を与える種キーストーン種って言うよ!


それからこれみて!

image



傘みたいだね!


今回、ヒトデさんが抜けたことで多くの種がいなくなったよ。


つまりヒトデさんがいれば、他の種が一定数生きていけることがわかったね!


ヒトデさんが保全されると、その地域で他の多くの種を保全できるね!

ここでヒトデさんはアンブレラ種って言うよ!



同じ傘の下で多くの種を保護することになるね!



こういうのはどこの生態系でも言えることだよ!


ジジさんはわかったかな!?


image



image





人間は常に自分の存在意義を確かめて、声高に自分の必要性を叫ぶよね?


そうしないと『生きる価値』を見いだせないようにされちゃったんだもんね。


でも他の生き物の存在の大切さは考えもしないんだね。


いけないなー。


発達した脳みそをもっと使ってみたら?


今日の参考文献!

視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録/鈴木孝仁/数研出版編集部【2500円以上送料無料】


動物・生物ランキングへ


このブログのメインキャラを紹介するよ!


image

ドラコ
ブログの管理人。
動物の素晴らしさを広めようと
勉強している。
逆鱗は『動物を不幸にすること』。
好きな食べ物はイチゴ。



image

ドラコの仲間
ドラコと暮らしている子達。
たまに登場する。
全面的にドラコの味方。



image


動物を数多く飼っていたため
よいアドバイスをくれる。
設計図なしでニワトリ小屋が作れる。



image

叔父
新聞や本の動物情報を提供してくれる。
ドラコに大量の参考文献を買ってくれるため
度々貧乏になる。



image

ウツボちゃん
ウツボの子ども。お話はできない。
パートナーはイセエビくん。
性別は不明。




image

イセエビくん
ウツボちゃんのパートナー。
ウツボちゃんと一緒に
海の生き物のお勉強をする。



image

農村ジジィ
田舎で農業を営むじいさん。
動物を全て害獣とみなす。
ドラコとはよく敵対する。



とりあえず、今のとこのレギュラーはこんな感じ!!
まだまだ増えるかもしれないよ!



さあみんな!
このブログを
盛り上げていくよ!




image




よろしくお願いします!

動物・生物ランキングへ


動物の世話って言ったときに、何を思い浮かべる?



image



動物種によって違う部分もあるけど


だいたい


・ゴハン、水をあげる

・掃除をする

・一緒に遊ぶ

・健康チェックをする



これは共通だと思うんだ。



コレに、散歩に行くとか、設備を管理するとかが加えられるよ。



動物種によって違いはあるけど、

その動物が快適に過ごせるように環境を整えること

その動物のために知識をいれること

それを全部含めて

世話をしていると言える

と思うんだ。




それでね、おかしいことがあったの。


image



っていう人がいたんだけど


image




熱帯魚に熱帯魚のエサあげるのって当たり前でしょ?


「活き餌でアカムシあげてます!」
とか
「フレークタイプのです!」

って答えを聞きたかったんだよ。



よーく聞いたら、気が向いたときにゴハンあげているだけだった。


それなのに
自分は世話ができるし、ちゃんと飼ってるって言ってるんだよ!


image



頭が壊れてるんだね!



周りにこういう人いない?



image




学校や職場でみんなで飼ってるとき、こういう勘違い人間が続出するよ!



もしちゃんと話のわかる人なら「動物の世話とは」を丁寧に教えてあげてね!



よろしくお願いします!

動物・生物ランキングへ

↑このページのトップヘ