ドラコが好きな動物の絵を描いているよ♪

好きなことってさ、努力しなくても勉強できるよね?

努力しなくてもっていうより、努力してるって気がしないよね。


好きだから知りたくなって、どんどん自分からそれに近づくから。


image




ドラコの場合、好きなものって動物だよ!


そして嫌いなものは・・・?


image



今回学んだことだよ!

ドラコはね、嫌いって遠ざけるタイプだったんだけど、それはもうバカだなって解ったんだよ!



人間を嫌うには人間を知る必要があるんだよ!


今回貸してもらった本はコレ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サピエンス全史(上) [ ユヴァル・ノア・ハラリ ]
価格:2052円(税込、送料無料) (2017/3/28時点)






人間を擁護する説明が多少あったよ!

まぁ、自分の所属する種に非があるのは嫌だもんねぇ?


そういう考え方が一般的になってくれるといいね(≧∇≦)


そうすればドラコの考えは異端になるからさ!

目立つでしょ?


もっと勉強して
人間さんたちと相容れない関係になろうと思うよ!!


どういうことが書いてあったかは、読破してから描くね!!



動物・生物ランキングへ

今日はドラコがブタさんのお世話をしてたときの出来事だよ!

image


image




さっすがイノシシの血が流れてるだけのことはあるよね!!

だいぶ薄まってると思うけど。


お世話してると、こういうちょっと面白い事件があるんだよー!



今回は少し怖かったかなー。

後ろ向きに乗せられてたし!



っていうか
助けてよ!!


何笑ってるの!?




ドラコ、(駐車中の)車から落ちて両ヒザ打撲してるのに!


まあ、ブーちゃんからは落ちなかったけどね!(自慢)


動物・生物ランキングへ

父からコータローの弱点を聞き出したよ!

image




image



えー!?

コレはホントかなー?



根拠は?


image



うわぁ。

アテにしていいんだろうか?



でも、科学的根拠しか信じない!って頭カチコチになると大事なものが見えなくなるからね!


ニワトリ飼育歴ウン十年の経験を信じることにしたよ!



image




コレでどうだ!

また撫でてやるぞ!!


image


image


image



えーー!?

どういうこと!?



ちょっと父!!



image




なんだとーーー!!




っていうか、黒い旅行鞄蹴られてたし!


image





それ以来ドラコはコータローが恐いんだ!!



image




コータローは、ドラコも母もお客さんも蹴っ飛ばすよ!



でもね、父だけは何故か蹴られないんだよ!!



みんな何でかわかる??



動物・生物ランキングへ




最強で最凶のコータロー・・・。


image




小さいときはね、ちゃんと仲良しだったんだ。


image



こんな風に抱っこして撫でられたんだよ!






でもある日突然・・・。

image



image



image





なんでーーー!?



ドラコとコータローは友達のはずだよ!?



どうしてドラコを蹴るの!?






修学旅行で出掛けるときも


image



image



image






泥まみれの足で蹴ってきたんだよ!




image





足跡の付いたバッグで出発しちゃったよ!



もー!

コータローがその気なら、ドラコにだって考えがあるんだから!






image




父にアドバイスをもらって、応戦するよ!!




動物・生物ランキングへ



image




鋭い眼光・・・

image




大きな体・・・

image



高い戦闘力・・・


image






ドラコ家の歴史に名を残す最強のニワトリ・・・






その名は・・・!!!?










image





コータローはとにかくすごいんだ!



戦う相手は人間だよ!




家族だろうとお客さんだろうと

誰彼構わず蹴飛ばしてくるよ!





image





一応忠告はしてるよ!



image



この人は言ったそばから、近寄って蹴られちゃったんだよ!


言うこと聞かないからー!!



ニワトリだからってナメてるんだね!人間さんは!!




みんなのお家では気をつけてね!

こういう場合は100%飼い主が悪いからね!





コータローは本当に賢いんだよ。

他の鳥さんには優しいし、メスにも優しいし。

「俺についてこい!」ってタイプだね!



体の色も白かったしね!

ニワトリさんは白い方が賢いらしいんだ!



ひよこの時に水の飲み方を覚えさせるために、茶色の子の中に白い子を入れておくんだよ!


そうすると茶色い子が白い子の真似して、水が飲めるようになるんだ!




羽根の色と、好奇心とか学習能力とかとは相関関係があるのかな?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニワトリ 人類を変えた大いなる鳥 [ アンドリュー・ロウラー ]
価格:2592円(税込、送料無料) (2017/3/23時点)








image


明日はドラコとコータローのお話だよ!


動物・生物ランキングへ


みんな食欲あるー?


ゴハンが美味しく食べられるってさ、すっごく幸せなことだよね!




「命をいただいてる」
「感謝して食べる」



なんて高尚なこと言いたいわけではないんだよ!!


ん?これは当たり前のことかな?




ドラコはねー、お腹すいてるんだけど


image



何でかって言うと・・・


口内炎(5、6個)



親知らずが歯茎を突き破ってきてる




食べ物がね
消化器官の第一関門を通過できないの!



さっき血迷って、よりによって1本満足バーに手を出しちゃったんだよね。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アサヒ 1本満足バーシリアルブラック72個セット 糖類80%オフ
価格:6998円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)





あのガリガリ(たぶんコーンフレーク)のせいで


image



左頬内側の口内炎に亀裂が入って流血したよ!





それでふと疑問に思ったんだ。




動物も口内炎になるのか?




早速、身近な子達から調べてみよう!



image




インコも口内炎になるんだ!


image



感染性非感染性があるみたい!


感染性は細菌とかウイルス、寄生虫の影響だね!


非感染性は、キズだね!

何かかじっちゃって、お口を怪我しちゃったとか。


どっちにしろ「ビタミンAの欠乏」に注意!!

日頃から緑の濃い菜っぱをあげるといいね!


image



爬虫類もなるみたいだよ!


マウスロットっていうやつ!

マウスを食べたときに、お口の中を怪我してバイ菌が入っちゃうんだね!




ヨダレがたくさん出てたらお口に膿が溜まってて痛いのかも!?






あっっ!!

ドラコは、これじゃないよ!

マウス食べないし!



みんなが口内炎になるときと一緒!


image





じゃあ
人間さんたちの口内炎の原因は?



・ほっぺの内側噛んじゃった

・寝てない

・栄養が足りてない

・ストレス溜まってる




こんな感じ!!

みんなも口内炎できそうな生活してるんじゃないのー?



ドラコ、4つのうち3つ当てはまるー!




・気合いの3時間睡眠

・昼→どん兵衛 夜→イチゴサンド

・ココロが暴発



image


image



みんなも口内炎に気を付けてねー♪


参考文献↓
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンパニオンバードの病気百科 [ 小嶋篤史 ]
価格:3456円(税込、送料無料) (2017/3/15時点)





動物・生物ランキングへ




image



それは突然やって来た。





2011年3月11日 14:46





今も覚えている。

いつもみたいに、すぐ収まる気配はなかった。




image



ばーちゃん家にいたドラコ。


ドラコの地域を襲った地震は震度6弱。

ライフラインもすべて途絶えた。

便利な生活を奪う自然の脅威。

人間の安心・安全・安定は、いとも簡単に崩れ去った。





ああ、地球が相手じゃ、何もできやしない。

ただおとなしく、その時を待とう。



自分の命が危険に晒された時ほど、冷静な考えが浮かんでは消える。











しかし・・・






image




image



ドラコはインコとサンショウウオのことしか考えてなかった。










外に出てみると、逃げ惑う人間たち。


信号機は最早仕事を放棄し、辺りは無法地帯。




暴走する車。これはダメだ。

家に帰る前に死ぬ。

自然に畏怖の念を抱いたばかりなのに
人間が産み出した文明の力に殺される!!




image





逃げる?どこへ?



ここは日本。



どこもかしこも環太平洋造山帯。

足下のずっとずっと底には、プレートが境界線で疼いている。




image




奇跡的に繋がった従姉妹の電話早々に切り、父に鬼電した。




家族愛が切れた電話線をも繋ぐ!



なにがなんでも、繋げ!!



これは携帯電話で、線なんかないけれど。



image





思いが通じて繋がった!!

このあと携帯は使い物にならなくなる。

誰にかけても、災害伝言板に飛ばされるからだ。



image




image




インコとサンショウウオが無事なのがわかった。






ドラコはおとなしく被災した。

あとは「命を守る」だけ。





image





便利が剥ぎ取られると、

人間は非力で

今までの安全意識は薄っぺらくて

暗闇だけが深く、濃かった。



動物・生物ランキングへ

現在・・・


水槽には苔がこびりついていた。


image



あの日から、水槽の掃除用具は埃を被っている。

水が減っても誰も足さない。




辛うじて、ノートにエサと観察の記録は残っている。




出来る限り、やった。




でもきつい。
去年の先輩同様、今恐ろしく忙しい。






結局、誰にも届かなかったんだな。




image






満身創痍。





それでもグッピーは生きている。



image




今日は大掃除だ。
水槽掃除は私、他後輩2名。







掃除の仕方を教える。丁寧に。






「みんな、ちゃんとお世話してくれるかなー?」



「大丈夫ですよー!みんな可愛がってますし♪」





へー。可愛がってるんだ。これで。


image



「まぁ、先輩の負の産物だけどさー」

「いえ、そんなことないですってー」







私もまた、繰り返す。 先輩と同じことを。


image











「世話をしてほしいんだよね、ちゃんと」



「・・・・。」




今日覚えたことをみんなに叩き込んでよ♪



「やらせますよー!私は放置しますけどっ




image





ああ・・・・

なにも
わかってないな。








「お願いしてダメなら、脅すしかないねー」



「え?」





スポンジを持った手が止まる。







殺しちゃうよ。世話しないと」






image





「そ、そんなこと言ったら、みんなに怖がられちゃいますよ?」

「なんで?」

「え?」




「みんな手を汚さずに楽になるんだよ?感謝してほしいくらい」





「え・・・」




「私が、グッピーを殺すんだよ。苦しみは短い方がいいから」



嫌えばいい。
怖がればいい。


これで、ちゃんとやってくれるなら。


やらない算段は聞きたくない。





なんでここまでするんだって思う?

グッピーごときで?


そう思う人もいるよね。



綺麗事を言うつもりはないよ、自己満足だ。



動物のために、動物好きな自分のためにやってること。




そういう自分が好きだ。

うん、大好きだね。

他人に嫌われても。


image



動物が喜んでるとか、幸せとか、わからないから。
苦しんでなければ、それでいい。


動物が元気なら、それでいい。
最高の見返りじゃないか。









嫌々でも世話さえちゃんとしてくれればグッピーは生きていける。


魚類だからできた脅し。





間違った道を、間違った方法で進んで、間違った場所に着いた。


image





















水槽は用意してある。

背負うか、先輩の分も。

image

グッピーの引っ越しってどうやるんだろうね。


≪おわり≫


動物・生物ランキングへ










あの日以前を考えた。


あの日、グッピーの半分が死んだ。

今日は、過去を書こうと思う。



image




過去・・・


ひとつ上の先輩がグッピーを買ってきた。


「部屋で飼うことにした!」


部屋に水槽が置かれた。


image




みんな、入り口近くに置かれた水槽を、出入りの度に眺めた。




しばらくは先輩が主に世話をしていた。




しかし、先輩は忙しくなった。
研究、実験の日々・・・
世話ができなくなってきた。


だから全て後輩に任せることにした。



image




世話の仕方、掃除の仕方を教えたあとは、二度と触れなかった



そして、そのまま就職していなくなった。


グッピーを残して。








協力、絆、癒し・・・




image





目的は美しい。

「受け継がれていってほしい」という願いも。


美しくて、ズルい。


動物で学ばせるとは、なんて残酷な幻想なんだろう。








「みんな可愛がるだろう」

「世話をしてくれるだろう」

「置いていっていいだろう」





なんて・・・

浅はかな考えだろう。




自分はいなくなる。
引き継ぎもした。
だから・・・。









だから・・・?









消えてなくなった命の責任。



image





あとは後輩のもの。







責任の所在?





そんなことを考えなければいけない状況は、ひどく可笑しい。




非協力、断絶、誰かやるだろう




すでに目的行方不明だ。



理想も希望も目標も、結局あの人が押し付けていっただけ。



醜い現実だけが残って、グッピーは死んだ。








心が痛く、苦しい。


そう、死なせた。



image





「生き物好きの集まりだから、世話をしてくれるはず」



という勘違いをしていたんだ。




これで

「命の大切さを学べて良かったね」

なんて言わせない。






あの日・・・


確かに通じたはずだった。




忙しい日常に掻き消された。





グッピーの世話など「そんなこと」に成り下がって・・・また繰り返す。


私もまた、繰り返す。

≪つづく≫


動物・生物ランキングへ

↑このページのトップヘ