色んな動物を色んな角度から観察して考えていくよ!たまに人間への敵意が垣間見えるかも・・・。
『面白く、分かりやすく』をモットーに!一記事読めば、動物の魅力に気づくよ!
ユルい絵と話口調で絶賛更新中!

時間がなくて、なかなか読み進められないけど、マメルリハの本に書いてあったよ!

image


野生のマメルリハは花も食べるので、花粉団子をあげる人もいる。って!


エクアドルペルーにはどんな花があるのかな?



アーちゃんやベリーちゃんも食べるの?


image



花粉は考えたことなかったよ。


ビーポーレンってミツバチさんが足につけている「花粉団子」のことなんだって。


image





ミツバチさんは花粉団子をどうしてるんだろうね?


食べてるのかな?


ハチミツが糖質で、花粉団子が高タンパク質なら


image



こんな感じ?




ちょっと興味が出てきたね!







花粉団子ってどんな効能があるのかな?


こう書いてあったよ!



免疫系が強くなってウイルスや細菌をやっつける!


image




羽の状態や色が良くなる!


image



ストレスに強くなる!



image



あと、クチバシの伸びすぎを軽減したり、治癒効果エネルギー増加があるよ!



すごいね!




人間の健康食品の説明だったら

「ほとんどの商品が似たり寄ったりの効果だね!」


って言っちゃうけども、ペットさんの健康のためだったら、手にいれたくなるよね!



特に免疫系の効果が興味深いよ!




具合悪くなったら、薬を飲ませればいいって?



もちろん、お薬は必要だし、否定はしないよ!


でもやっぱり薬だと、体にとって良い効果だけじゃなくて、負担がかかる部分も出てくるからね!




作用が大きければ、副作用も大きいもんね!



副作用が眠気ならまだましかなって、病弱なドラコが言っておくよ!



image



免疫系を強くしてあげて、出来るだけ元気に過ごしてほしいと思うのは、飼い主としては当然だよね!



あげればあげるほど、体に良いなんてことはないから、あげるときはよーくお勉強して、適量をあげよう!




それでね、探してみたら




ペットさん用にあるんだね!


ミツバチさんにチクってされながら、強奪しなくて良いんだ!




見て!




小動物用もあるよ!






買っちゃった!


image




甘い良い匂いがする・・・。




image














image





これはインコが興味を持つようにわざとやったんだよ!


ホントだよ!


image



全部奥歯の溝に挟まって飲み込めなかったよ。



インコにはペレットと一緒にあげてみたら、ちゃんと食べてたよ!


image



これで、ますます元気に過ごせるね!


たくさん本を読んできたけど、まだまだ知らないことだらけだなー。



もっともっと勉強して、ずーーっと元気で一緒に過ごしてもらおう♪




みんなはペットさんに買ってあげた花粉団子を横取りしちゃダメだよ!



動物・生物ランキングへ



image


image


image



みんなで飼ってたグッピーが大量に死んでしまった。


直接の原因は別にあるけど、大きな原因は、無知世話の怠慢だった。


大勢での飼育は「誰かやるだろう」が常に付きまとっていた。


image




事件発生当初、私は怒るつもりだった。



代々受け継がれてきたグッピー。



世話の仕方を何回もあんなに丁寧に教えたのに、誰もやらなかった。
他人任せにした。


image



可愛がることしかしない人はね、生き物とは暮らせないの。

死んじゃったら「寿命だったんだ」なんて自分を正当化して納得するなら、それは飼い主として失格なの。


もう生き物は飼わない方がイイよ。
世話、できないでしょ?できなかったでしょ?

言われなくちゃできない人なんかが生き物を飼っちゃいけないんだよ!




たくさんたくさん
なじる言葉が頭に浮かんだ。




でも私はそれを言わなかった。









私の与える恐怖がみんなを生き物から遠ざける、から。


image




私の目標は『グッピーを友達としてみんなが自発的に世話をするようになる』こと。



恐怖で縛ると、その恨みがグッピーに
向かうかもしれない。



生き物の世話と嫌な記憶が結び付いて、いつか興味を持たなくなってしまう。


image



それは避けなければならない。




だから・・・だから・・・



image





お願いって形にした。


そうするしかなかった。


プライドなんかなくて本当に良かった。




みんな、グッピーが半分死にました。

直接的原因は、水温の低下だと考えられます。

でも、大きな原因は私を含め飼い主の無知です。

みんな、癒されていたでしょう?

一緒にお世話の勉強、しませんか?

私は、この子たちをもう可哀想な目に合わせたくないです。





そして、本を見せた。

買ってきて3時間ぶっ通しで読み続け、自分用に買ったより詳しい飼育本に載ってる大事なことを、本に書き込み、付箋を貼り、マーカーで印をつけた。




難しい本なんて読んでくれないだろうから気軽にみられそうなものを選択した。



image




このブログと同じ、大きい文字色つきの文字さえ拾えれば、要点がわかるように。



image



飼育日誌も作った。

普通のノートじゃ興味が惹けないから、目立つ可愛いノートを買った。


そして表紙の文句はこう。

image




こういうことしか、思い付かなかった。





小学生かよ!?って?

子どもはね、教えればちゃんとやるよ。

残念ながら、無駄な知恵をつけたカチカチ頭の大人の方ができないんだ。





反応はあった。
ノートに書き込みがあった。



『ショックだった。飼い主の一人として責任をもって世話をする』

『このような悲劇を二度と起こさないようにしたい』





みんなの本当の気持ちはわからない。

今だけかもしれない。



「グッピーは卵胎生だから~」と話してる声が聞こえるようになった。



image




ちゃんと読んでるみたいだ。

今のところ、うまくいったと思う。




大勢で飼ってても、命の責任は分散されることなく同じ質量でみんなが持つべきだと、私は思う。




気づいた人もいるんじゃないかな。




偉そうに色々書いた。

まるで自分は違うというような言動。

でも、これが事実だ。




今回は、私もグッピーを苦しめて死なせた最低な飼い主の一人だ。


最初から、私には怒る権利も資格もなかった。


このブログのひとつの目的である心のトゲ。


今、私の心にも確実に刺さっている。





動物・生物ランキングへ


何でいろいろな生き物がいるんだろう?


考えたことある?



色んな生き物がいたら、いっぱい観察できるし見ていて楽しいから?



うん!素敵な答えだね!
その気持ちはずっと忘れないでね!




でもね、そう思わない人もいるよ。


image


image


image




ジジさんは、ドラコがドラゴンだって信じられないみたい。

まぁいいけど。


ジジさんのために、ロバート・トリート・ペインって人がやった実験を説明するよ!


image



海の生き物での実験だね!

ここで

image


このメンバーで生態系を作ってるよ!

食物連鎖(しょくもつれんさ)っていう食う-食われるの関係のバランスがとれている


一種類のものが増えすぎたり、いなくなってしまう種がないよ!


image



ここでは、ヒトデが一番上で他の種を食べているっていう図だよ!


矢印が太いのは、いっぱいバクバク食べられちゃってるんだ。


ここで

image


ヒトデさんに抜けてもらうよ!

そうすると!!

image


今までヒトデさんにたくさん食べられていたフジツボさんとムラサキイガイさんが増えるよ!


そしたら
藻類の生える場所がなくなちゃった!!


image



藻類を食べるヒザラガイカサガイもいなくなっちゃうよ!


こんな感じで、バランスが崩れたね!


ヒトデさんは色んな種類の生き物を食べるけど、いなくなったらみんな生きていけなくて困ったね!


ヒトデさんみたいに、生態系の食う食われる関係で上にいて、他の生き物の生活に大きな影響を与える種キーストーン種って言うよ!


それからこれみて!

image



傘みたいだね!


今回、ヒトデさんが抜けたことで多くの種がいなくなったよ。


つまりヒトデさんがいれば、他の種が一定数生きていけることがわかったね!


ヒトデさんが保全されると、その地域で他の多くの種を保全できるね!

ここでヒトデさんはアンブレラ種って言うよ!



同じ傘の下で多くの種を保護することになるね!



こういうのはどこの生態系でも言えることだよ!


ジジさんはわかったかな!?


image



image





人間は常に自分の存在意義を確かめて、声高に自分の必要性を叫ぶよね?


そうしないと『生きる価値』を見いだせないようにされちゃったんだもんね。


でも他の生き物の存在の大切さは考えもしないんだね。


いけないなー。


発達した脳みそをもっと使ってみたら?


今日の参考文献!

視覚でとらえるフォトサイエンス生物図録/鈴木孝仁/数研出版編集部【2500円以上送料無料】


動物・生物ランキングへ

↑このページのトップヘ